所沢のデリヘルで指名してくれた「名物お爺ちゃん」

去年の暮れくらいから、所沢にあるデリヘルで働いています。今年で34歳になりますが、風俗の仕事をするのは5年ぶりくらいです。
前はピンサロだったので、同じ風俗でもジャンルが違うデリヘルは未経験で、最初はかなり緊張してました。
面接を終えて、初出勤の日のことです。

待機室にいると、同じ年くらいの女の子が挨拶しに来てくれて、ついでに、このお店の「名物客」を教えてくれました。新人さんが入ると必ず指名する方がいるというのです。
そういう方がいても特に珍しくはないので、他に特徴があるのかなと思ったのですが、その子は詳しいところまで教えてくれませんでした。
「指名されてからのお楽しみね」とだけ言ったので、少し不安になりましたが、入って早々こちらからお客さんを選ぶわけにもいかないので、その時はその時と覚悟(?)を決めました。
そのお客様から指名が入ってたのは、その日の夕方でした。

店長さんから「よく利用してくださる方だよ、新人好きなんだよね」と言われて、さっき言ってたお客様だと分かりました。ホテルに着いて、お客様のいるお部屋に入りました。ご対面してちょっとびっくりしました。
かなりのお爺ちゃんだったのです(後で聞いたら81歳でした。私の祖父とほぼ同世代です)
ただ、最近は高齢の方もよく風俗を利用されているのは聞いていましたし、プレーより若い女性とお話をするのを目的にしている方がいるのも知っていました。
恐らくこの方もそのタイプかなと思いました。だったら、何故「名物客」なのか少し疑問に思いました。
話していても、とても紳士的な方でしたし。でも、実際にシャワーを浴びて、いざベッド・・という時にその理由がわかりました。

セクシーな女性

すごく立派だったのです。80歳を過ぎているとは思えないほどで、若い人でも滅多に見ないくらいの元気さもありました。
これは確かに「名物客」だなと思いました。単に新人好きな、気のいいお爺ちゃんではなかったのです。そして、帰り際にもうひとつ驚いたことがありました。お客様がバッグから、あるDVDを取り出したのです。
「これね、私が出演しているAV。10年前くらい前までAV男優だったんだよね。(ジャケットを指差しながら)これ、私。面影あるでしょ」とニコニコして話されました。
私が入店したデリヘルの名物客は、新人好きで元AV男優の元気なお爺ちゃんなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です