足繁く通う常連へ向けて

お店に頻繁に通ってくれる常連さんは非常にありがたい存在です。やはり長年風俗で働いていても初めて出会う客というのは怖いもので、二人きりの空間に置かれると緊張してしまいます。

これまで怖い思いをしたことは実際にはないのですが、これとそれとはまた違った問題なんです。もしかしたらこの人はこういうことをしたら怒るかもしれない、苦手かもしれないと思うとサービスに積極的になれませんし、その結果満足感を与えられないとそれはそれでショックで落ち込んだりもします。ドライに接しているように見えても心の底では満足感を与えられないとわかるとやはり自分の中では負い目を感じてしまいます。もっとこうしてたら良かったのかなと反省してしまうのです。そうは言ってもやはり怒られたりするのは嫌なので安牌な方に進んでしまって、どうも私だから楽しんでもらえたんだという自信に繋がることがありません。

背中のエロさ

その点常連さんというのはありがたい存在で、こちらも初めてお相手するのは楽しいですし、刺激にもなるけど、常連さんに褒められたりするのはもっと嬉しいです。

さらに勝手がわかっているという安心感も大きくて精神的な負担はぐっと少なくなります。ただでさえ体に負担をかけているわけですから、お相手したあとの心の持ちようは軽くしたいものですが、常連さんならばそういう点では負担になることは少ないので助かりますね。毎回工夫を凝らす悩みもありますが、できたら何度も来てほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です